Loading... Loading...

YAZAWA

京都の“粋”が作り出す“らしさ”

京都の四条烏丸を一本南にずれた綾小路通りにできた焼肉店の計画である。

施主から求められたのは“京都らしさ”だった。それを“和風”と解釈されると映画のセットのようで“らしさ”とは異なる。
“らしさ“という趣や情緒にも似た印象を与えるための設計方法を考えたとき、地域に潜む土着的な工法や素材に着目することとした。

ここで、京都における偶然と必然ということを考えてみる。
京都という土地が持つ土着的なモノ(工法や素材)は、まさに気候やその他の諸条件がつくりだした偶然の産物であるが、それは洗練されることでその土地に対し必然的なエレメントへと昇華されている。
そして、今回クライアントから求められた“京都らしさ”という事を達成するには、前記のエレメントの位置や扱いは必然的に決まっていくこととなった。
つまり、 “京都らしさ“ということは、偶然と必然が互いに混ざり合うことにより得られる現象のようなコトではないだろうか。

そこで、京都に残る土着的な伝統産業を見直し、現代の空間に取り入れる事を検討した。
店舗内部空間の構成は、いたってシンプルで効率的な構成である。そこに、視線の操作を行うために御簾を利用している。御簾の持つ透明性が、緩やかに席毎を文節する。また、それを巻き上げ視線が通ることで大きなワンルーム空間にもなる。
個室の間仕切りには、葦戸を用い店の空気感は共有できるが、個室としての閉じられた状況も担保している。
屋外のエントランス部分には、路地のような空間を作り、焼き杉で作られた壁面が折れ曲がっていることで、店舗入口までの奥行き感を出す。
坪庭の見える部屋は、庭と個室が一体となっている。

“らしさ”という言葉に着目し、京都の土着的な工芸や空間の作法などを現代的なデザインや工法とミックスすることにより、京都らしさを感じさせる現象が随所に起こることで、結果的には、京都らしさという情緒を感じる様な空間体験に結びついたのではないかと考えている。
昨今の京都は、諸外国からの旅行者も多く、そうした旅行者にとって、京都へ来ることの大きな目的の一つが“京都らしさ”の空間体験であろう。また、焼肉矢澤は、シンガポールにも展開しており、焼肉は最早日本独自の食文化に昇華された外食産業である。訪日外国人旅行者にとっては、その両方を兼ね備えた今回の店舗は、商業的社会的にも求められている。


“ –ness” made by Kyoto

This is a Yakiniku(Japanese style BBQ) restaurant in Kyoto, Japan.
The client’s demand was “Kyoto-ness”.
It’s not same with “Japanese style” because “Japanese style” has more broad sense.
When we considered the design method to give the impression of “-ness”, we focused on the vernacular construction method and the material.

Then, we thought about “chance and necessity” in Kyoto.
The vernacular things(construction method and the material) is the product of chance created by the climate and other conditions. But it’ll be the necessity element by being sophisticated.
And the way to deal with the previous mentioned element to achieve the client wants was decided by necessity.
Thus, it seems “Kyoto-ness” is a phenomenon by mixing the chance and necessity.

Then, we had another look at Kyoto traditional industry and brought in the vernacular element to the modern space.
The interior is simple and efficient composition and the traditional bamboo blind controls the eye. The transparency of the bamboo blind divides the seat gently and makes a big one room if it’s rolled up.
The traditional bamboo sliding door is used for the partition of the private room. It creates a private space and it’s sharing the atmosphere surrounding at the same time.
The approach is made like an alley way with the burned cedar and creates the perspective toward the entrance by the zigzag shape.
The inner garden view is spread from the room.

Focusing on “ –ness”, and by mixing Kyoto vernacular things with the modern design and construction method, it creates many “Kyoto-ness” phenomenon.
As a result, it realized the spatial experience to be felt the affect of “Kyoto-ness”.

Now many tourists from all over the world visit Kyoto and one of the purposes to visit Kyoto might be the spatial experience of “Kyoto-ness”.
Also this Yakiniku restaurant runs in Singapore as well and it can say Yakiniku is the restaurant industry as Japanese food culture any more.
This restaurant combines the both of “Kyoto-ness” and “Japanese food” and it’s needed for the foreign tourists in the commercial and social aspects.

enjoyed it? Share it

Facebook

Twitter

Google+

Pinterest

USE

SIZE

YEAR

DESING

GENETO

PHOTO

BUDGET