Loading... Loading...

THE WALL

3枚の壁による体験の変化

DIESELのなかでも家具や食器などを扱うレーベル「DIESEL LIVING」の渋谷店は、毎年様々なアーティストを招聘し、店舗インスタレーションのコンペを行っている。2017年度のアーティストとして我々は選ばれた。
求められていることは、家具や食器を商品として扱うだけでなく、生活のシーンが想起されるような空間づくりである。さらに、一年間のインスタレーションを通して行う空間体験の変化であった。
提案は、3枚の巨大な壁を作ること。その壁を可動式とすることで、空間を変化させることに加え、人と商品の関係が作り出す生活のシーンを映し出すことである。

それぞれの壁は厚みが異なり、さらに壁の両面で仕上げ材を変えている。その仕上げは、鉄の表情の違いで作られている。黒革の仕上げのもの、表面を錆びさせたもの、亜鉛メッキのものの3種類である。工業的なイメージの強い仕上げとした。
壁自体に穿たれた開口は、商品展示や、視線の抜け、人の動線などの機能を持つ。壁により囲まれる場所ごとに、違った生活のシーンを演出し、壁を抜けることで次の空間へワープするような体験を伴う。
3ヶ月に一度、壁の配置を変更し、空間の形状を変化させ、シーンの演出が変化することで、違った体験が得られる。

さらに、空間を体験するコンテンツとして、デジタルでインタラクティブなコンテンツを導入しており、空間で写真を撮影したものが、リアルタイムで壁面にプロジェクションされるというものである。こうしたコンテンツは、空間体験により広がりを与えてくれる。

壁のレイアウトが変わることや、様々なコンテンツとのコラボレーションは、空間を変化させるだけではなく、訪れる人がより能動的に空間に関わり、そこでのシーンの一部として空間を変化させる。そのようなこれまでに無い空間との関わりを作っていきたい。


The change of spatial experience by the three walls.

DIESEL LIVING dealing with furniture and cutlery invites various artists for the competition of the store installation every year. We were selected as an artist for 2017.

The demand from DIESEL is not only displaying furniture and cutlery as the goods but also the spatial making to be given the imagination of the daily scene.
In addition, the change of spatial experience through the whole year was important. Our proposal is making three big movable walls. It brings the change of space and reflects the daily scenes by the relation between the customer and the goods.

The thickness of the each wall is different. Also the finish material of the wall is different and it’s made by the iron condition. There are three type of iron and the one is black scale and the second is rust and the third is galvanization. The finish having an industrial image has been selected under consideration of DIESEL brand image.
The openings made to the wall are used for the displaying the goods, controlling the eye view and the leading the flow for people. Depending on the area surrounded by the walls, the unique daily scenes are created and it brings you to the next area by going through the walls, which is like warp.
The layout of the walls is changed every three month to change the spatial shape and it gives you different spatial experiences because it changes the scenes.

In addition, the digital interactive content is brought in as a content to experience the space. When you take a photo, it’s projected to the wall on real time. This content gives more breadth by the spatial experience.

The changing the wall layout and the collaboration with other content are not only changing the spatial but also making the visitors involve to the space more actively.
We are expecting it will be the new involvement with the spatial.

enjoyed it? Share it

Facebook

Twitter

Google+

Pinterest

USE

SIZW

YEAR

DESIGN

GENETO

PHOTO

BUDGET