Loading... Loading...

Scenery

テーブルの上だけでなくテーブルの下でも色んなシーンが展開されている。
脚を伸ばす、どこかに掛ける、潜り込む、、、、、
テーブルの上で行われている会話・出来事やその人の感情・性格がテーブルの下にも反映される。

恋人と座っているとき
怒られて潜り込むとき
リラックスして座っているとき
etc…

そういったときの無意識のポーズが足元のシーン(風景)を創りだす。
ランダムに曲げられたテーブルの脚は、座る人や周りに立つ人に色んなポーズを促してくれる。
テーブルの脚や人の足が重なり合い、雑木林のような混沌さがより足元の風景を演出してくれるだろう。

構造的には、脚を鉄で作るためその分の自重を、上部の天板を軽く薄く作ることによって、脚の揺れを解消している。

素材:スチールパイプφ16mm, MDF
仕上げ:焼き付け塗装、ウレタン塗装


Conversations carried out above the table, anecdotes, ones emotions and personality are also reflected under the table, giving rise to various scenes there.

When sitting with a lover…
When engaged in casual conversation etc.

During these moments, the spontaneous positions assumed, begin to unfold different scenes and landscapes.

The legs bent at random provide varied footing and positions for those that sit and stand around the table.

The intertwining of the table legs and people’s legs, emphasizes the chaotic thicket like landscape there.

Material : Steel pipeφ16mm, MDF
Finish : Baked finishing, Urethane painting

enjoyed it? Share it

Facebook

Twitter

Google+

Pinterest

USE

Table

SIZE

W1400 D720 H750 (mm)

YEAR

2009

DESIGN

GENETO

PHOTO

Yasutake Kondo

BUDGET